タグ: 日常の習慣

顔のたるみは見た目年齢を押し上げるエイジングサイン

シミやシワや肥満や白髪や薄毛など見た目年齢を大幅に押し上げるエイジングサインには様々なものがありますが、顔のたるみもその代表格です。顔のたるみが生じると、頬のたるみにつられて毛穴が縦長に開いてしまったり、垂れ下がった皮膚が口元に溜まってほうれい線が刻まれたり、フェイスラインがゆるんでブルドッグフェイスになったりなどの問題もつきまといます。

ブルドッグのようなたるみ

誤った方法でのスキンケアやコラーゲン不足やバリア機能の低下やターンオーバーの乱れによる肌細胞の再生の遅れなど、顔のたるみにつながる原因はいくつかありますが、猫背もそれに該当します。
デスクワークでパソコンと向き合っている時間が長かったりスマートフォンを長時間見続けていたりすると猫背になってしまい、表情筋が衰えたり血行不良に陥ったりして顔のたるみにつながってしまうという仕組みです。

何気ない日常の習慣がたるみに結び付いてしまうということを理解し、積極的なアンチエイジング対策に努めるべきです。たるみは年齢が進むにつれて深刻化する問題ですので、エイジングケアの開始は早いに越したことはありません。

日常の習慣の積み重ねが老け顔に直結してしまいますので、今すぐに生活習慣を見直しましょう。

顔のたるみを解消させるための対策

顔のたるみを解消させるための具体的な対策方法についてですが、姿勢を常に正しく維持するという意識改善と血行不良に陥らないようにするためのこまめなストレッチが重要なポイントとなります。

スマートフォン操作に熱中するがあまり前傾姿勢になると、首の頸椎に負担がかかりストレートネックになってしまい、顔のたるみだけではなく肩こりや緊張型頭痛などの原因にもなってしまいますので要注意です。

不調を起こす

オフィスでのデスクワークで長時間座りっぱなしだと、血行不良が生じて新陳代謝が悪くなりそれが顔のたるみを悪化させます。
正しい姿勢を維持するためには、椅子やソファーに座るときに深めに腰掛けて背もたれに体重をかけるのではなく、浅めに腰を掛け背もたれに背中は密着させないという心がけが必要です。

そのような座り方をすると自ずと姿勢が良くなります。また、ストレッチはいつでもどこでも気軽に短時間で行える運動ですので、デスクワーク中にこまめに行って血流を促進させましょう。

EMS美顔器で表情筋にアプローチしたり、リフトアップ効果が期待できるエイジングケアコスメを使用して引き締めたり、リンパマッサージをしたりなどのケアをプラスすれば、相乗効果が狙えます。