カテゴリー: 効果的なたるみの治療

顔のたるみを解消できるクリニック

40歳を過ぎると、顔全体の筋力が低下をして顔のたるみという現象が起こります。
女性だと特に毎日お化粧をする時に鏡を見るため、自身の顔のたるみにいち早く気付かれることでしょう。

たるみに気づくタイミング

どうにかして改善をしたいと思われる方も多いでしょうが、その手助けをしてくれるところが「仙台ソララクリニック」です。

2013年に仙台市の中心部に位置する青葉区で開院をしたところで、美容皮膚科として多くの実績を積み重ねてきた医療機関です。

ここでは顔のたるみを解消する施術を実施されており、美容皮膚科らしい医療で対応されているのが特徴となっています。
日本美容学会に在籍する経験豊富な専門医が計3名在籍していて、さらに看護師・エステティシャンの有資格者もスタッフで常駐しています。

顔のたるみの場合、患者一人ひとりの顔立ち・骨格に合わせた処置を必要とするものです。
仙台ソララクリニックでは最新の美容機器のひとつである「3Dフェイススキャナー」を設置しているので、しっかりと骨格形成を把握してから対処をなされるのが魅力ポイントです。

経験豊富な専門医と最新機器を駆使した医療サービスを受けられ、効率良く顔のたるみを解消できるところになっています。

セルフケアで簡単に顔のたるみを解消しよう!

顔のたるみがもっとも顕著となるのは、朝の寝起きの時です。
眠っている間に顔全体の緊張がほどけているため、目元や頬・口元の皮膚が垂れさがっていることが多いでしょう。

この問題はセルフケアで簡単に解消することが可能です。
その方法は仙台ソララクリニックの公式ホームページで公開されており、パソコンやスマートフォンでアクセスすることができます。

ここで簡単にそのケアをご紹介すると、起床してから顔を洗うとき、冷水で顔全体を洗顔してみましょう。
たるんだ皮膚は乾燥しているのが特徴なので、潤いを与えることで引き締めることが可能です。

さらに顔面体操をすることで筋力を高めることができ、より一層顔のたるみを取り除くことができます。
顔面体操というのは目・口・頬の筋肉を鍛えるものを指し、毎日朝と夕の2回実施をするだけです。

たるみを解消する体操

方法は非常に簡単で、目を大きく開いて閉じる動作を計10セットおこないます。
口は左右を交互に上にあげ、頬に力が入っていることを意識するのがコツです。

寝起きに冷水で顔を洗ってから体操をすれば、自然と加齢によって垂れていた顔の皮膚をアップさせられます。
毎日続けることで効果がでるケアです。

顔のたるみを解消させるためのインナーケア

美容クリニックでヒアルロン酸注入やボトックス注射やスレッドリフトなどの美容治療を受けて物理的に持ち上げる、引き締め効果が期待できるラジオ波美顔器やリフトアップ効果が期待できるEMS美顔器で気になる部分に働きかける、アンチエイジングに特化したコスメをライン使いするなど顔のたるみ解消のために行うべき対策は数多くありますが、体の中からのインナーケアも忘れてはいけません。

顔のたるみにつながる原因と言えば、年齢によるコラーゲンの減少です。コラーゲンの生成を促せば肌のハリ感やふっくらかんや弾力がよみがえり顔のたるみが解消されますので、不足分を積極的に補うことが大事なカギとなります。

不足の栄養を補う

そこで重要になってくるのが、タンパク質を摂取するということです。コラーゲンを生成させるためにはその材料となるタンパク質が必要ですので、肉や魚や乳製品や大豆製品や卵などを意識的に食事メニューに取り入れてたっぷりとチャージしましょう。

朝昼晩の食事で補給するのが難しい場合は、プロテインで摂取するという方法もおすすめです。カゼインプロテインやホエイプロテインなどプロテインにも色々な種類のものがありますが、美肌効果を求めるならソイプロテインを選ぶのがベストです。

肌環境を健やかに整えて顔のたるみを根本から解消

顔のたるみを根本から解消させるには、健康的な肌づくりのためのスキンケアが欠かせません。乾燥肌やゆらぎ肌や敏感肌の場合は、とくに積極的なケアが必要です。

敏感肌の人はダメージを受けやすく、ゆらぎ肌の人は肌環境が不安定で安定的なコンディションを維持することが出来ません。乾燥肌の人はただ単純に潤いが不足しているだけではなく、バリア機能が低下してターンオーバーのサイクルが乱れている状態ですので、バリア機能を回復させるためのアプローチが必須です。

顔のたるみなどのトラブルが発生しにくい健やかな肌環境を手に入れたいなら、まずは保湿ケアを徹底的に行うべきです。全ての肌トラブルのもとは肌の乾燥であると言っても過言では無いくらい、乾燥は美肌の大敵となります。

肌の大敵

おすすめのケア方法についてですが、化粧水の浸透力を高めるためにふき取りローションや導入美容液やピーリングジェルで角質を柔らかくしておく、化粧水の使用量はケチらずハンドプレスで重ねづけしたりシートマスクで馴染ませたりして角層まで確実に潤いを届ける、水分保持力をアップさせるためのエッセンスを加えて潤いキープ力を向上させる、スキンケアの仕上げの乳液やクリームは絶対に省かないなどがあります。

顔のたるみは見た目年齢を押し上げるエイジングサイン

シミやシワや肥満や白髪や薄毛など見た目年齢を大幅に押し上げるエイジングサインには様々なものがありますが、顔のたるみもその代表格です。顔のたるみが生じると、頬のたるみにつられて毛穴が縦長に開いてしまったり、垂れ下がった皮膚が口元に溜まってほうれい線が刻まれたり、フェイスラインがゆるんでブルドッグフェイスになったりなどの問題もつきまといます。

顔のたるみ治療に用いられていたマシン

誤った方法でのスキンケアやコラーゲン不足やバリア機能の低下やターンオーバーの乱れによる肌細胞の再生の遅れなど、顔のたるみにつながる原因はいくつかありますが、猫背もそれに該当します。
デスクワークでパソコンと向き合っている時間が長かったりスマートフォンを長時間見続けていたりすると猫背になってしまい、表情筋が衰えたり血行不良に陥ったりして顔のたるみにつながってしまうという仕組みです。

何気ない日常の習慣がたるみに結び付いてしまうということを理解し、積極的なアンチエイジング対策に努めるべきです。たるみは年齢が進むにつれて深刻化する問題ですので、エイジングケアの開始は早いに越したことはありません。

日常の習慣の積み重ねが老け顔に直結してしまいますので、今すぐに生活習慣を見直しましょう。

顔のたるみを解消させるための対策

顔のたるみを解消させるための具体的な対策方法についてですが、姿勢を常に正しく維持するという意識改善と血行不良に陥らないようにするためのこまめなストレッチが重要なポイントとなります。

スマートフォン操作に熱中するがあまり前傾姿勢になると、首の頸椎に負担がかかりストレートネックになってしまい、顔のたるみだけではなく肩こりや緊張型頭痛などの原因にもなってしまいますので要注意です。

不調を起こす

オフィスでのデスクワークで長時間座りっぱなしだと、血行不良が生じて新陳代謝が悪くなりそれが顔のたるみを悪化させます。
正しい姿勢を維持するためには、椅子やソファーに座るときに深めに腰掛けて背もたれに体重をかけるのではなく、浅めに腰を掛け背もたれに背中は密着させないという心がけが必要です。

そのような座り方をすると自ずと姿勢が良くなります。また、ストレッチはいつでもどこでも気軽に短時間で行える運動ですので、デスクワーク中にこまめに行って血流を促進させましょう。

EMS美顔器で表情筋にアプローチしたり、リフトアップ効果が期待できるエイジングケアコスメを使用して引き締めたり、リンパマッサージをしたりなどのケアをプラスすれば、相乗効果が狙えます。

たるみ治療を受ける際の美容皮膚科選び

たるみ治療を行う時には、適切な美容皮膚科を見つける必要があります。

適切な皮膚科

適切な美容皮膚科とはどういうことかというと、例えば顔のたるみ治療の専門性に長けているかがまず挙げられます。

基本的にどの美容クリニックでも、様々な美容に関する治療や施術が行われているはずです。
そのため、顔のたるみに関してあまり経験や技術をもたない美容皮膚科では
当然のことながら施術を受けるにも心許ないでしょう。

以上のことから、まず良い美容皮膚科を見つける時には、技術力の高さについてチェックしておく必要があります。
技術力が高ければ、それぞれの方の状態にあった方法でたるみ治療を行うことができますので、より自然な仕上がりに整えることができるようになります。

また、たるみ治療を行う際には、技術力はもちろん、どのような施術方法が用意されているのかについてもチェックしておく必要があります。
たるみ治療は、実にいろいろな方法が開発されています。
それぞれに肌への負担度も違ってきますし、効果が表れるまでの期間やかかる料金なども違ってくるのです。

たるみ治療の効果

値段を気にする方は多いかもしれませんが、むやみに安価で提供しているクリニックにも注意が必要です。
初回のみ安く、その後何回も次に繋げようとして、結果通常より
トータルして高くなってしまう、というケースも考えられます。

色々なたるみ治療法が用意されていれば、希望する治療までの期間や料金から選ぶことができますので、無理なくたるみ治療を行うことができます。

何よりも、施術者の気持ちに沿って話を聞いてアドバイスしてくれるかどうかが1番のポイントだと言えるでしょう。

治療を受ける時には、施術前に十分な説明を行ってくれるのかという点もチェックしておきましょう。
説明をしっかりと受けることができれば、治療の際にも安心できますし、メリットだけではなくデメリットについても知ったうえで施術を受けることができます。

このように、治療を受ける時には、複合的な条件から利用する美容外科を見つけておく必要があると言えるでしょう。

目元のたるみ治療「スムースアイリフト(SmoothEye)」の効果

ダウンタイムを気にせずたるみ治療をするなら

クマやくぼみ、しわなど目の下にできる年齢のサインは、疲れて見えたり
年齢よりも老けて見られる原因のひとつです。

スムースアイリフトは、ダウンタイムがほとんど無く目元のリフトアップを
することができるたるみ治療で、レーザーのスムースモードを使って目の
粘膜にレーザーを照射することにより、深い部分にある筋肉に働きかけて
目元を引き締めることができます。

スムースアイリフトでたるみ治療を行うと、目の下のしわやクマ、たるみが
目立ちにくくなり、全体的に若々しい印象になります。

目元のたるみ

目薬をさして麻酔を行うため、手術中に痛みを感じることはありません。

コンタクトレンズのような愛ガードで眼球を保護し、下まぶたの裏から
まぶたの粘膜にレーザーを照射する方法です。

レーザーの照射によって、筋肉が引き締まるとともに、コラーゲンの生成が
促されるため、下まぶたが引き締まるというたるみ治療です。

月に一度の施術を3回から5回程度受けることによって、約1年引き締まった
状態をキープすることができると言われています。

年に一度、ワンクールのスムースアイリフトの施術を行うことで、若々しさ
をキープするアンチエイジングが可能です。

SmoothEyeのたるみ治療の流れ

目の下の若々しさを取り戻したい、痛みやダウンタイムを気にせずに目元を
リフトアップしたい、アンチエイジングに興味があるという人の間で、大変
話題になっているのがSmoothEyeです。

moothEyeのたるみ治療は、クリニックで洗顔を行った後、麻酔の目薬を
点眼します。

レーザーを照射する準備として、コンタクトレンズのようなアイガードを
挿入してから、レーザーを照射していきます。

施術時間は15分程度と短く、ダウンタイムがほとんどないので日帰りで
施術を受けることができます。

治療してもらう

術中はもちろん、術後の痛みや腫れもほとんど無く、施術直後から普通の
生活を送ることが可能です。

施術直後には、目がごろごろする感じがしたり、目やにが出ることは
ありますが、違和感は目薬で軽減することができ、症状は半日から
1日程度でなくなります。

施術後にサングラスをしたりする必要がなく、すぐに日常生活に戻ることが
できるので、気軽にたるみ治療ができることもSmoothEyeが話題になって
いる理由のひとつです。

施術を受けると、1回でも効果を実感することができますが、しっかりと
した効果を実感するために3回から5回程度の施術を受けることが推奨され
ています。

顔のたるみを改善するには原因から知りましょう

顔のたるみ

顔のたるみが出来ると、顔全体が増えて見える事になるだけでなく
顔が大きく見えてしまう事にもなります。

そんな顔のたるみを改善したいと考えた場合に重要になってくるのが
たるんでしまった原因を考える事です。

顔がたるんでしまう理由は、加齢や紫外線による肌の中の
コラーゲン量の減少、表情筋の衰え、皮膚自体のたるみ等があります。

顔がたるんでしまった時、フェイスエクササイズをしていく事で、
たるみを改善し、顔を引き締めていく事が出来るとされますが、
それと同時に、たるんでしまった理由を考え、その理由に対する
対策をしていく事も重要になってきます。

紫外線対策

コラーゲン量が減少しているのであれば、紫外線対策をしっかりとする、
姿勢の悪さが原因となって皮膚のたるみが出てきているのであれば
猫背を治し、正しい姿勢を意識する等が重要になってきます。

それにより、顔のたるみを改善すると同時に、今後
たるみにくい状態を作っていく事が出来ます。

まだ若いのに顔のたるみが!いったい何故?

顔のたるみというのは、加齢によって出てくるものというイメージを
持つ人は少なくありませんが、若い人でもたるみに悩まされるという
事は少なくありません。

何故、若くてもたるみに悩まされるのかといえば、普段の姿勢が
大きく影響しています。

パソコンを使う

現在、仕事で長時間パソコンを使う、1日の多くの時間スマートフォンを
触っているという人が増えています。

この場合、1日のうち多くの時間を猫背の状態で過ごす事になります。

猫背になると、首や肩の血流が悪くなり、頭部へ上手く血液が回らない
状態になってしまいます。

すると、肌に必要な血液が不足し、肌が衰えやすい状態となります。

姿勢が悪い

更に、猫背は通常よりも首を前につき出した状態となる為、
顔の皮膚が引っ張られやすく、皮膚自体が伸びやすい状態と
なってしまいます。

ですから、顔のたるみが起きやすい状態となります。

その為、若い人であっても、姿勢が悪ければ、その事が原因で、
顔のたるみが起きやすくなります。

姿勢を正して、顔のたるみを回避しましょう。

エステで顔のたるみはとれる?

年齢を重ねると気になるのが、お顔のたるみです。

これは、肌表面だけで起きていることではありません。
お肌の奥深くにある、真皮と皮下組織での変化によるものです。

真皮内には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンがあります。
これらは、加齢や紫外線ダメージによって、少しずつ減少します。

そのため、肌内部の水分やハリ、弾力が失われ、しわやたるみを
つくってしまいます。

重力の影響によって、皮下組織にある脂肪が下がり、筋肉も
ゆるんで下がります。

基礎化粧品はとても大切ですが、これらを改善するのは
難しいことです。

そこで、お顔のたるみやしわを改善・予防してくれるのが、
エステによる専門技術になります。

顔のたるみは、そもそもなぜ出てしまうのでしょうか?

微弱電流に始まり、低周波や中周波といった機械を使います。
これらは、ゆるんでしまった筋肉に働きかけ、リフトアップをします。

繰り返し施術をすることで、筋肉はリフトアップした状態を
キープするようになります。

そうなれば、お顔のたるみはとれるでしょう。

機械によっては、美容液を肌内部に浸透させるものがあります。
コラーゲンなどの分子の大きい成分も、真皮まで浸透します。

深く刻まれたしわが改善し、お肌全体にハリと弾力が出ます。

エステティシャン

筋肉やお肌の構造をマスターしている、美容のプロである
エステティシャンが施術をするため、高い効果を出すことができます。

まずは、エステサロンで体験コースを受けてみましょう。