顔のたるみを解消させるためのインナーケア

美容クリニックでヒアルロン酸注入やボトックス注射やスレッドリフトなどの美容治療を受けて物理的に持ち上げる、引き締め効果が期待できるラジオ波美顔器やリフトアップ効果が期待できるEMS美顔器で気になる部分に働きかける、アンチエイジングに特化したコスメをライン使いするなど顔のたるみ解消のために行うべき対策は数多くありますが、体の中からのインナーケアも忘れてはいけません。

顔のたるみにつながる原因と言えば、年齢によるコラーゲンの減少です。コラーゲンの生成を促せば肌のハリ感やふっくらかんや弾力がよみがえり顔のたるみが解消されますので、不足分を積極的に補うことが大事なカギとなります。

不足の栄養を補う

そこで重要になってくるのが、タンパク質を摂取するということです。コラーゲンを生成させるためにはその材料となるタンパク質が必要ですので、肉や魚や乳製品や大豆製品や卵などを意識的に食事メニューに取り入れてたっぷりとチャージしましょう。

朝昼晩の食事で補給するのが難しい場合は、プロテインで摂取するという方法もおすすめです。カゼインプロテインやホエイプロテインなどプロテインにも色々な種類のものがありますが、美肌効果を求めるならソイプロテインを選ぶのがベストです。

肌環境を健やかに整えて顔のたるみを根本から解消

顔のたるみを根本から解消させるには、健康的な肌づくりのためのスキンケアが欠かせません。乾燥肌やゆらぎ肌や敏感肌の場合は、とくに積極的なケアが必要です。

敏感肌の人はダメージを受けやすく、ゆらぎ肌の人は肌環境が不安定で安定的なコンディションを維持することが出来ません。乾燥肌の人はただ単純に潤いが不足しているだけではなく、バリア機能が低下してターンオーバーのサイクルが乱れている状態ですので、バリア機能を回復させるためのアプローチが必須です。

顔のたるみなどのトラブルが発生しにくい健やかな肌環境を手に入れたいなら、まずは保湿ケアを徹底的に行うべきです。全ての肌トラブルのもとは肌の乾燥であると言っても過言では無いくらい、乾燥は美肌の大敵となります。

肌の大敵

おすすめのケア方法についてですが、化粧水の浸透力を高めるためにふき取りローションや導入美容液やピーリングジェルで角質を柔らかくしておく、化粧水の使用量はケチらずハンドプレスで重ねづけしたりシートマスクで馴染ませたりして角層まで確実に潤いを届ける、水分保持力をアップさせるためのエッセンスを加えて潤いキープ力を向上させる、スキンケアの仕上げの乳液やクリームは絶対に省かないなどがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)