顔のたるみってどうして起こるの?

顔のたるみってどうして起こるのかというと、その一つには
お肌の弾力が低下しているサインでもあります。

お肌は真皮層の成分によって、若々しいハリや弾力を維持しています。
真皮層にはエラスチンやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が
存在しますが、こうした構造を十分に満たしていなければ
顔のたるみは出てきます。対策を考える

年齢を重ねることで、真皮層のエラスチンやコラーゲンは減少して、
肌にはハリも潤いもなくなっていきますから、たるみは出来やすくなります。

日常的に紫外線は浴びやすいですが、この紫外線も
大きな肌ダメージになります。気にする

真皮層にまでUVAなどは届きますから、
紫外線に対しては日頃からの対策が
必要となります。

繊維芽細胞にダメージを与えてしまいますから、
ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの
生成を邪魔することになります。

分解させるための酵素がたくさん分泌されることになるため、
お肌の弾力もだんだんと失われていくことになります。