顔のたるみを加速させる悪因は…いますぐ辞めるべき習慣

顔のたるみの原因は様々ありますが、日常生活での
何気ない習慣も悪因となっています。

症状を進行させないためにも、悪因となる習慣を改善するようにしましょう。

まず、何気なくやってしまいがちな、頬杖をつくという行動は、
顔のたるみを加速させる原因になります。自分を守る

顎や頬の部分に、手の平で強く圧迫させた状態になりますので、
皮膚へ負担がかかります。

手の平がついた部分の皮膚が伸ばされるようになり、
たるみの症状が強くあらわれる恐れがあります。

食事をするときに、片側ばかりで噛む習慣を続けていると
口の周囲に歪みが生じ、それとともにたるみの症状があらわれます。

口の近くにあるほうれい線にも悪影響を及ぼしますので、
顔のたるみに加えてほうれい線がくっきりとあらわれ
老け顔を作り出す結果になります。及ぼす影響

横向きの状態で長く寝ることも、下になった
頬の部分に頭の重さによる負荷がかかりますので、
改善するようにしましょう。

シワが寄ったり、骨格の歪みから、たるみのきっかけを作り出します。